事例紹介

店舗・倉庫間在庫連携 注文システム

流通 WEB

リアル店舗でネット技術を活用するオムニチャネル基盤

ネットを活用したECが伸びている昨今、リアル店舗事業者もネットに対抗するのではなく、ネットの利便性を活用する方向に向かっています。

お客様に満足して頂くためには、品揃えを充実させる必要がありますが、店舗に置いていない商品も店頭に設置したタブレット端末から検索し、在庫確認から注文までできるシステムです。 多品種少量の商品ですべての品揃えを紹介できない場合や、取扱いはあるが自店舗には置いていない場合など、その場で他店の在庫情報やEC在庫を確認できることで、販売機会を高めます。

また、商品のお届けについても、自宅配送、店舗受け取りなどお客様の都合に合わせた納品が可能になっています。

ネットの利便性とリアル店舗の確実性。小売業では、この2つの要素を融合させる「オムニチャネル」が今後の成長のカギを握ると言われています。 お客様を中心に、いつでもどこでも好きなものを購入できる流通基盤であり、顧客満足を追求した新しい潮流です。

業務用システムiPad最適化の流れ

アプリケーション開発言語 JavaScript HTML5 CSS3
その他ツール PhoneGap Salesforce
データベース MySQL

情報・通信 WEB

全国から集められる不動産物件情報を一手に管理する不動産事業者向け物件入稿システムのリプレースを対応致しました。旧システムは・・・・

製造 スマホ・タブレット

例えば、PC機器を置けない店頭カウンターや外出先などで、PC 同等のシステムをタブレット向けに構築し、スムーズな業務遂行を実現します。 要件に合わせて・・・・

商社 業務系

メインフレームで構築・運用されている旧来のシステムは、オープンプラットフォームに移行することでコスト削減が期待できます。 Windowsプラットフォ-ム上に・・・・

流通 WEB

ネットを活用したECが伸びている昨今、リアル店舗事業者もネットに対抗するのではなく、ネットの利便性を活用する方向に向かっています。 お客様に満足して頂くためには・・・・